グラマーゾーン(AGS/EGGS)

0 件のコメント
僕にはもう一つの本業!そうなんです、不動産業というのがありましてこのブログでも少しずつ紹介をしているのですが(コーヒー屋のHPの為、極力少なくはしています)今後は少し書き続けて行こうと思っています。

NZという国の「不動産」は、“株”や“債権”もちろん“銀行預金”よりも「堅い!」という伝説があり、貯金をするくらいなら「不動産投資」という一つの文化があります。

僕もかれこれ5年ほど前から始めており、現在はそれをNZでの本職(プロの不動産屋)にするまでになりました。
若い人でもアパートやユニット(大抵20〜30万ドル程度の物件)を所有して、レント(賃貸)で収入を得ていたり、3〜5年で売却しキャピタルゲインを得る!(そうです、貯金より利率がいいのです)なんていう”投資”をしているのが現状です。

ですから住宅販売も日常茶飯事で、車を乗り換えるかのように「転売」を繰り返す人も少なくありません。

そこで「何故?」という疑問は、日本人なら必ず持つはずです。

答えは「学校」による「転居」がメジャーでしょう。「学校」?つまり、この業界では「鉄板」の「グラマーゾーン」と呼ばれる地域。オークランドボーイズグラマー(通称;AGS)とエプソンガールズグラマー(通称;EGGS)を筆頭に、それぞれプライマリー(小学校)、インターミディエット(中学校)そしてグラマースクールやカレッジ(高校)の評判によって、その学区(ZONEと言います)の住宅地域の値段が大きく左右するまでになっています。

ですから、同じRemueraという地域でもZONEによって「価格差」が大きく生じているので確認してみる事は必要不可欠です。

現在僕の扱っている物件も「ダブルグラマーゾーン(AGS;EGGS)」の物件です。少し割高?でも、親は子供の為に「この地域」の物件を無理してでも“買う”、そして投資家もこの地域を”狙う”のです。

グラマーゾーン


このユニットは2ベットでトイレ・バスが一つ。フロアー面積が69?で$36万7000で販売中。?日本円で$1=¥64で計算すると2348万円ですよ。びっくりしませんか?でも、この手の物件は「安い」方なんですよ。
この地域で一軒家だったら、大体3ベットで最低$70万。つまり、4480万円なんですよね。それでも、値下がりする可能性は「低い」のがオークランドの住宅事情なんですよね。(もちろん地域差はあります)

言い忘れていましたが、この“グラマーゾーン”はオークランド市内の話でありますが(ほかの都市でも学校のいい地域はもちろん値段は“高い”です)、このニュージーランド最大の都市オークランドのこの地域の値段こそ「ニュージーで一番高い不動産地域」なのです。
昔でいえば、東京;銀座の高野フルーツパーラーですよ!!



0 件のコメント :

コメントを投稿