タリーズコーヒー創業秘話 すべては一つの作り話から 2

0 件のコメント
一般的に何故、成功を収めた人間が、この本で事実を「捏造」したり「妄想」としか思えない事を綴っているのであろうか?

「次の真実」はたぶん多くのこの本の読者にインパクトを与えた部分です。
この本を買った人のコメントで「帝国ホテルのレッドカーペットのシーンが......」
私は、この部分を読んで、その人に申し訳ない!とすら感じています。

トムへの

「事実」はこういう事です。

まず、トムに会うのはほんの一瞬で、しかもシアトル。(2回目の訪問時)彼はシアトルマリナーズの話をして(たぶん長くて15分くらい)我々をタリーズの店舗や工場に案内してくれたのは、殆どが副社長のアールジェー。(社用車がHUMMERだった事には驚きましたね。)しかし、この接見が実現したのは前の回に書いたように、ダンのおかげでした。我々はダンが手配してくれたシアトルの街中のFourSeasonsに待機して、ひたすらタリーズからの連絡を待っていました。確か一日目は「空振り」。そして2日目に「招待」を受け、やっとアールジェーのお迎えのHUMMERで、本社で会談する事が出来ました。

余談ですが、正直ダンが取ってくれたFourSeasonsHotelは,
当時の我々の財力には身分不相応も良いところ。「アメリカのビジネス界」というものを思い知りました。ましてやこちらは「弱小零細企業」。でも大きく見せなければ、このビジネスは上手くはいかない、絶対に。幸い、我々の事を知るアメリカ人はいない。ましてや大手と呼ばれる会社でも彼らにとっては一取引先。ダンのような学生企業を自分で立ち上げた人には親近感と期待、そして、応援の気持ちで我々にチャンスを与えてくれた!と今でも信じています。結局、この一流ホテルに泊まりながら、食事は外の「安いステーキ屋」みたいなところで済ませ、ひたすらタリーズからの連絡を待っていた時は、惨めでもあり、またこの一回の交渉に賭ける想いが頂点に達してもいました。

つまりトムと会ったのは、2回目のシアトルで。
オープン前に最初で最後、97年の5月頃。彼は日本には来ていませんし、オープン前には、アールジェーが来ただけでした。

では、この話は何???

私の記憶では、当時スターバックスが成功を収め、次のシアトル系のコーヒー会社を探していた我々は「シアトルズ ベスト コーヒー」というシアトルでは第2位のコーヒー会社に目を付けていました。当時のタリーズよりは、はるかに「大規模」で、シアトルのマクドナルドのコーヒーはこの会社のコーヒー豆を使っていましたので、他のマック(アメリカ)のコーヒーに比べて、格段に美味しかったです。この全米第2位のコーヒー会社の社長が東京新宿の、確か「センチュリーハイアット」に来ていた情報を得て、「直談判」に行ったのは事実です。
結果は当然「NO」。我々など相手にもしてくれませんでした。当時彼らは、同じシアトル出身の「エディーバウアー」というアウトドアー系のカジュアル洋服、及び雑貨の会社とコラボして「エディーバウアーCafe」で日本進出を決めていたのです。当時新宿の南口の再開発で高島屋が出来て、その中に確か、一号店をオープンさせました。それで新宿に宿泊していたのです。

その後、タリーズをはじめシアトルの残されたCoffee会社との交渉を計画し、資金計画を進め(家族や親戚、そして国民金融公庫からの借り入れ)、そして悔しくも私の祖母が亡くなった日(1997年5月)我々はシアトルに旅立ったのです。

シアトル

そこで”初めて”タリーズのトムやアールジェイに会う為に!



0 件のコメント :

コメントを投稿

ESQUIRES(エスクワイアーズ)CAFE

0 件のコメント
エスクワイアーズ コーヒー

このCafe、意外に店舗数を伸ばしている。何とNZで47店舗!
しかも南島にもネルソンとクライストチャーチを基盤に展開中。

いったいどこのCafe?

調べてみるとカナダ生まれのようです。
他にもイギリスやアイルランド、サウジにアブダビ、そして中国と意外なとこで「展開」している最近では注目のフランチャイズ経営で成功しているCafeなのです。

メニューは「特出」している物はこれといってないのですが、私の住んでいるHenderson(Waitakereブランチ)の女性のバリスタ(たぶんオーナーかマネジャーぽい人)の入れてくれたフラットホワイトのミルクの「美味さ!」に感動しました。

最近飲んだフラットホワイトで「一番」美味しいミルクでした。

思い起こせば12年(もうすぐ13年)前に初めてここオークランドに来た時、オークランドのCafeは今のたぶん5分の1くらいの数。個性的な店とバリスタが、Cafeの聖地「High Street」を中心に賑わっていました。そしてその濃厚なクリーミーなミルクで作られたフラットホワイトという「生まれて初めて飲む」ドリンクに魅せられました。

その感動が!蘇ったのです。

Esquiersのコーヒー豆は100%アラビカのフェアトレードのオーガニック豆を使っているようですが、ロースとは若干浅め(NZ系に似ている)でミルクとの愛称は非常にいい感じ。もう少し「苦味」が欲しいと思いましたが、これは使用している豆のブレンド(原産国)の種類かな?と感じました。

とにかく「あの女性バリスタ」のコーヒーは飲んでみる価値あります。

0 件のコメント :

コメントを投稿

タリーズコーヒー創業秘話 「すべては一つの作り話から」

0 件のコメント
すべてのコーヒー〜
残念ながら、この「すべては一杯のコーヒーから」という本に感銘を受けた人は少なくないと思われます。
ただ、「真実」を伝えるという事は私の使命だと感じて、この本の裏側にある「真実」を綴っていきましょう。

スぺシャリティーコーヒー〜

第一章の部分で、彼は”ボストンから帰って、96年4月にスペシャリティーコーヒーを求めてシアトルへ行った!”と書いていますが、私はその時はまだ、一緒にロコ・トレーディングで仕事をしていませんでした(まだ三和銀行銀座支店で勤務)が、この話は私がロコ・トレーディングに入って(97年1月)から彼と2回目のシアトル(確か97年の5月)に行った時の話です。

”何故か?”

彼は最初、私が入る前から「アイスクリーム会社のダンケンズ」とコンタクトを取っていたのは事実です。私も彼の「アイスクリー」熱」(彼はアメリカ育ちなので、彼の育った世代には、まだスぺシャリティーコーヒーはアメリカには存在していませんでしたので、ベン&ジェリーとかダンケンズの方が彼には魅力的だったのです。その当時、ハーゲンダッツは日本で大ヒットしていましたので・・・。)の高さには感心していました。

但し、「アイスクリーム」です。夏は良いけど、冬は??

私は「根っからのコーヒー馬鹿」ですので、「お前、よくそんなにコーヒー飲めるな!?」って言われるくらいのコーヒー好き。今でもそうですが、とにかく96年のスターバックス銀座店の成功を斜向かいの三和銀行で垣間見て、「これだ!」という確信がありました。
そこで、2回目のシアトル訪問の際に、私の熱い想いで”コーヒー屋を当たろう!”という方向転換をし、本に出てくるイタリア人のオジさん(ヴィヴァーチェ)のお店を訪問したり、勿論、メインはタリーズ(これもアイスクリーム屋のダンケンズ・ダンの力添えで実現した話)と合計確か、5店舗くらいを訪問した記憶があります。
確かに、ウィヴァーチェのオジさんはただひたすら「コーヒーの輸出による品質の劣化」を”ネガティブ”な意見として言って来て、(でもある意味プロ意識が非常に強かった)我々との取引にはすごく後ろ向きだったです。

つまり、”タリーズをやろう!”という話になったのは、紛れもなく、97年の2月以降であって、その半年後に「第一号店」を銀座にオープンさせたのです。
既に、スターバックスは4店舗を成功させていた時です。そして間違ってはいけないのが、「ダンケンズ」が最初であって、そのあと「タリーズ」が出て来た事であり、”ダン・サムソンこそ、我々をタリーズに近づけてくれた有難い人物”なのであります。

メールを送り〜

この本が「英語訳」になっていたら、ダンもタリーも読めるので、私以外にも「この作り話」を証明できるのに.......


まあでも、そんな感じで「すべては一つの作り話から」を綴っていきます。




0 件のコメント :

コメントを投稿

タリーズコーヒー創業秘話 消し去られた真実 

0 件のコメント
私はこの一ヶ月という期間で、人生の中で”こんなにも衝撃を受けた事”はなかったです。「週刊文春の記事を見た!」という人(勿論、”本当の私の事”を、昔から知っている友人、知人、先輩、後輩、そして家族から、沢山の「問い合わせ」や「激励」や「事実の公開」への”拍手”等を頂き、12年もの歳月、私が放置して来てしまった「真実」をこのブログで伝えていこうと決心しました。

タリーズ写真

それは、7月の終わりの突然の日本からの電話で幕を開けました。

電話の向こうでは、週刊文春のB氏が突然切り出された「タリーズの創業時に共同経営されていた中澤さんですよね?」という問いかけでした。

何故?今更??
時に日本は参議院選挙が終わり、民主党が大敗して、タリーズ創業者と名乗る「松田公太」が当選を果たして間もなかった時の事です。

私の日本にいる友人から、その事を聞かされ「ふ〜ん」と言うのが私の感想だったのですが、彼がタリーズを成功させ、伊藤園に売却した大まかな事は遠く離れたニュージーランドでもYahooのニュース等で見ることは出来ます。
「よく成功したな!」と感心していたのも事実ですし、自分が最初に手掛けてきたタリーズがここまでになった事への「誇り」も少し感じていました。

ただしあの時(創業時)に、私の母名義の土地を担保に出して、国民金融公庫でお金を借りていなければ、ここまでにはならなかったでしょう。

話はB氏の電話の内容に戻りますが、「松田氏が本を出版されているのを知っていますか?」との問いかけに、知人や友人からその存在は聞いていましたが「内容」については聞かされてなかったので、「存じていますが、内容については知りません。」と答え、私も一介のビジネスマンでありますので、忙しい日々に追われていますので「電話の趣旨と本の内容をE-mailで頂けないか?」と交渉して、その電話はそこで終了しました。

次の日の朝、メールを受けて「驚愕な捏造」を知りました。

タリーズの成功の話は、その時は読んではいませんが、B氏から送られてきた「どうやって開業資金を工面したか?」の部分と「ビジネスパートナー;ミッキー」の2つの部分の抜粋を頂き、”悔しく”そして”情けなくて”どうしようもありませんでした。

実はこの取材は、私が久し振りに日本に帰国する10日くらい前の事でした。
その後、週刊文春から「私の言葉」として(勿論、言いたい事のほんの一部ではありますが)出版されはしたのですが、その後の松田氏のコメントを見ても謝罪の意向もなく、むしろ”開き直り”でした。

彼が言う「あの本が全て真実!」と開き直るのであれば、私も「真実を一人でも多くの人に伝えていきたい!」

そう思って、このShopのブログには”ふさわしくはない”とは思われますが、私の名誉や家族(特に、将来あの本の存在を知るかもしれない息子)、そして本当の私の事を知って頂いている方々の為にも「消し去られた真実」を綴っていきたいと思います。








0 件のコメント :

コメントを投稿