フラットホワイト

0 件のコメント
久し振りに「珈琲バカ」記事を書いてます。

BennのFW

毎日コーヒーを飲んで、いろんなカフェで試して、本当にコーヒーは「生き物」であり、同じ店に行ってもバリスタ(コーヒー作る人)によって「味」に差は出来ます。もちろん「見た目」、そして最も大切なのが「作品」としての味や温度、ミルクのキメや味わい等.....

サフランのFW

コーヒー「おたく」というか、やはり同じコーヒー頼んでもその味わいを楽しむ(時には”がっかり”する事もあります)のは、$4で出来る「至福」の楽しみでしょう。
見た目は写真で表現できますが、「味」は言葉で伝えるしかありません。
もちろんコーヒーというものは「嗜好品」ですから、あくまでも主観的な私の意見で表現されてしまいますので、その点を御了承下さい。

ロースティット・アディクションのFW

ニュージーランドのフラットホワイトは、あまりにも「ポピュラー」な国民的コーヒーですが、各店舗、コーヒー会社によってレシピ(ミルクの量やベースとなるコーヒーの味わい)が違うので、必ずしも同じ味ではありません。その点も「コーヒー飲み比べ」という楽しみの一つでしょう。
場所によっては「チューリップカップ」という小さめのカップでミルク少な目(50:50)のキレのある味わいもあれば、逆に大きめのカップで「これラテ?」みたいな店もあります。
またラージサイズで注文すると「薄〜」みたいな事もありますので、お店によっては「ダブルショット」でエスプレッソを増やして注文する事をお勧めします。

ケリケリ福島店では、その辺の「味」へのこだわりは徹底されていて、レギュラーでもラージでもほぼ同じ味わいで飲んで頂ける事を考慮して「レシピ」が作られています。

昔の話ですが、某有名シアトル系のコーヒー会社(日本)でのスモールとトールは1ショットのエスプレッソ、グランデはダブルショットというレシピでした。?という事は、ショートとトールのコーヒーの量は「同じ」?という事ですね。つまりミルクの量ははるかにトールの方が多い事になります。普通ショートは8oz(約240ml)、トールは12oz(約360ml)となります。コーヒーは約30mlですので、残りはミルクですから。
そうしますと、ショートとトールの味は「確実に」違います。
もちろん「好み」によってお客様が「買い分け」が出来る!という事も考えられますが、少しおかしな話で「何故、同じ商品で味が違うのか?」という疑問をずーと持ってきました。

「それでいいのか?」

ですから、ケリケリは現在サイズは2種類しかありません。そして「本来」のエスプレッソバーの持つ「オプション機能」を重視して、「濃い目」が好きなら「ショット追加」出来、「フレーバー」が欲しい方には「シロップ」、他にもトッピングを御用意しています。

私の中で大切な事は「サイズが変っても同じ味」を提供する事だと思っています。

初めて買う人は、その違いが判りませんし、「いったいどんな味?」という事が買う人のサイズによって「ブレ」が出てしまいますので。
値段ももちろん消費者には大切な事です。ですから基本的にはショートを買います(但し日本人の中流意識では3つの中の真ん中:トールが良く出ます。今は4種類になってるところもありますけど)よね。
でも次に気に入ったからもうちょっと大きいサイズを頼んでみよう!と思ったら、「あれ?なんか薄くない?」みたいな経験をもたれた方、少なくないかと思われます。もちろんいろんなサイズやドリンクの種類を試してみて「自分の好きなドリンク」を見つける楽しみもありますが。

*企業戦略としては、コーヒーのローストを「深く」して(焦げる寸前くらいのロースト)、「苦い」味を出して少量でも苦味を出させる為に(先程述べてきたミルクの多いトールサイズでもコーヒーの味を感じられるように)計算されているコーヒー会社もあります。こちらNZでは流行っていませんが。

この深めのローストによる企業戦略を「否定」する気はもちろんありませんし、繰り返しになりますが、コーヒーというものはあくまでも「嗜好品」、
つまり「主観」で美味しいと感じる物が「美味しいコーヒー」である事に間違いありません。

OliverのFW

ここNZで「フラットホワイト」を注文しても、必ずしも同じ味とは限りません。見た目と味、バリスタ等いろんな「楽しみ」を持ってフラットホワイト(または全てのコーヒー)を味わってみるのも楽しいのでは?


0 件のコメント :

コメントを投稿

頑張ろう!クライストチャーチ

0 件のコメント
タイトル通り!クライストチャーチは只今復興に向けて頑張っています。
久し振りの「不動産」関連ブログはHarcourtsのレポートやHeraldの記事等を参考にして書いています。

カシーデル教会

2月22日。去年の9月に引き続き2度目の大地震がクライストチャーチを襲い、我々不動産業者にとっては「最悪」の出来事かに思われました。
当然2月のセールスは伸びるわけありません。通常、クリスマス前の12月20日頃までが夏の前半セールの「ピーク」。但し去年は前倒しで10、11月の市場が最高だった為、12月は数字的にはあり得ない「落ち込み」を見せましたが、あくまでも10、11月分を組み込んで考えれば、去年の不動産マーケットは高水準をキープした結果になりました。
*オークランド    Dec2010 住宅価格前年比 1.6%DOWN
*クライストチャーチ Dec2010 住宅価格前年比 2.2%UP
オークランドのダウンは12月単月での数字で10月平均価格$460K,そして11月$477Kと伸びた煽りを受けての$455Kと言う数字です。ちなみにクライストチャーチはDec2005に記録的な$490Kと数字をつけましたが、その後は低迷しておりましたが、近年では一番高かったDec2009を2.2%UPという事は9月の地震後影響も少なく伸びている状態でした。

アーチCHCH

そして1月というのはクリスマスホリディーの余韻が残る為、一時的に落ち込む時期になります。これは我々エージェントもクリスマス前に燃え尽き?そしてホリディーを満喫して、「さあ!2月、3月に向けて頑張るぞ!」という所謂充電期間でもあります。まあどちらかと言うとお客様のほうが「ホリディ」を満喫している節が強いのですが。お客様あっての我々エージェントの商売ですので。但し今年の1月は好調で数字を延ばし1月のオークランドは$490K(前年比$1000UP)、クライストチャーチは$365K(前年比$4000UP)でした。

そして2月。当然夏の最盛期で住宅販売は佳境に入ってきます。今年はオークランドは去年とほぼ同じ平均価格をキープしましたが、クライストチャーチは?最終報告では販売件数はもちろん地震を11日に受け、当然リスティング(去年の半分)やオファーの受付(去年の45%)に多大な影響が出ましたが、平均価格は去年を3.3%上回る$361Kでした。この数字は地震の影響を受けてはいますが、クライストチャーチの住宅販売が必ずしも落ちていないという証拠でもありますし、その背景で災害を受けながらも頑張ったエージェントの活躍も見受けられます。これは我々業界の人間としては「たくましい結果」とも思えますし、現在もマーケットの復興の為、被害を受けた建物の家主さん(Vendor)と共にファイナンスや修繕のアドバイス等一致団結して以前の姿を取り戻そうと必至に毎日営業活動に励んでいるというレポートがHarcourtsのCEOからも入って来ています。
残念ながら3月の数字は大きく後退してはいますが(前年比−10%:平均販売価格$350K)、今後修繕や町の整備(もちろん問題は沢山ありますが)が進む事によって以前の姿を取り戻していく事でしょう。もちろん4月の実績でその進捗具合が数字で見える事でしょう。私も期待しております。

エイボン川

地震の被害にあったレストランのオーナーさんも、今「再建」に向けて必至に頑張っています。ニュージーランド南島の最大都市:ガーデンシティの復活を応援しています。あの美しかった町並みは、みんなの努力で必ず!復活出来る事を祈っています。

*今回ブログには私の旅行した時(2010年4月)の写真を敢えて掲載させて頂きます。痛ましい写真を見るのは皆さんもううんざりでしょうから。

0 件のコメント :

コメントを投稿

信じられない大地震(カンタベリー地方、東日本大震災)続編

0 件のコメント
カンタベリー地方の地震から一ヶ月も経たずに、今度は日本の東北地方を中心に東日本大震災が起きてしまいました。

私自身、去年の11月25日に福島県福島市にカフェ&ベイカリー「KERI KERI ケリケリ」をオープンさせ、5月から本格的に経営に参加する為引越し準備の真っ只中の3月11日午後2時46分頃、マグネチュード9という破壊的な「地震」が津波を起こし、数えきれないくらいの人の命を奪い(死者だけで1万2千人超)、祖先、家族の大切な思い出や長年築き上げれれて来た東北の漁業や農業、生産工場など含めた沿岸のビジネスを一瞬で飲み込み、さらには夢の伝道:東京ディズニーランドをも液状化現象を引き起こさせ、私の父の世代でさえも経験した事のない「未曾有の大震災」が起きてしまいました。

前日、私は経営パートナーと何気ない会話(通常Messengerを使って業務連絡をしています)をした次の日に信じられない出来事が起き、我々の連絡はそれから4日間途絶えてしまいました。何気ない会話といっても、現在の経営課題や今後の計画をいつものように話あっていましたが、いつもより話が弾み、かなり長めだったような気がします。メールを思い返して見てみると、余震が続いていて、「大丈夫か?」みたいな内容も書かれていて、その日まではクライストチャーチの話が一番身近でしたからね。宮城沖も今思えばかなり前触れはあったように思えてなりません。

地震が起きてからの私は、ひたすら電話を掛けましたが福島のパートナーは店も携帯も本社も繋がらない。両親や兄弟はすぐに電話で確認が取れましたが、東北地方、福島、宮城、岩手そして......

「何が起きてしまったのか?」

そしてUstreamというインターネット上の報道番組を見つけ、確か24時間体制で情報に釘付けでした(約一週間)。私の妻の親戚は宮城県の南三陸町に住んでいますし、とにかく「何度も、何度も」映し出される南三陸町の津波の映像(もちろん他の場所もですが)を見ながら、もう頭の中は「ぐちゃぐちゃ」でした。良い事は一つも浮かばないんですね、ああいう時は。でも心の中に、もちろん期待もありました。内陸のほうは「地震大国」日本の建築技術が「きっと守ってくれる!」という過信にも近い期待でしたけど。
クライストチャーチの建物の崩壊を目の当たりにして、日本の内陸部の映像をみると一目瞭然!やはり「先人の教え」にも似た日本の建築基準と技術の素晴らしさ。但し、沿岸部は「想像を絶する被害」を受けてしまい、先人の経験を超えるレベルはやはり我々に力では手におえなかった「自然の猛威」だったのでしょう。この場を借りて、ご冥福をお祈り致します。

もう一つ、この大震災は「大きな問題」を起こし、今も緊張感を感じざるを得ません。それが「福島第一原発」です。福島県はこれにより津波と地震による自然災害と原発の事故による「より多くの危険性と風評被害」を現在も受け続けています。ニュージーランドにいる私にはその一部しか掴めてはいませんが、これはかなりの被害になると予想されますし、放射能という(マイクロシーベルトやベクレル等の専門用語は今やセンチメートルやグラムのように使われています)”見えない恐怖”と戦いながら福島第一原発20Km圏外及びその周辺、そしてケリケリのある福島市の方々達は今既に復興に向けて動き始めています。もちろんケリケリも営業を開始しています。
本当にこの復興に向けて動き出している姿には、心を打たれます。自分には何が出来るのだろうか?そんな事を毎日考え、悩み(そうは言っても家族も居ますので)暮らしてきました。そして今もなお.....

今回の日本への義援金の動きは目を見張る物がありました。日本はクライストチャーチの地震の時に救助部隊を派遣してくれたこともあり、ニュージーランドのジョン・キー首相はまだ復興ままならないクライストチャーチではありましたが、すぐさま救援部隊を日本に派遣、まさに「恩返し」をすぐ実行して見せた。アメリカも「Operation Tomodachi」、韓国や台湾等の芸能人の方からのチャリティーや個人の義援金、中国をはじめ世界各国からの「援助」が寄せられた事に感銘し、日本人有名スポーツ選手や著名人、経済界からも沢山の支援が寄せられ、「一つになろう、日本!」みたいな広告を見ると、本当に心が動かされます。ニュージーランドの日本人な間でももちろん義援金の活動は盛んで、KIWI達もクライストチャーチと日本の両方を助けよう!と今もその活動は続いています。日本だけじゃない!世界が見守っているんだ!!そう強く感じています。もちろん世界ではこの地震に関係なく「革命」や「紛争」も起きている事は事実です。

今こそ「一つになる」、つまり人と人との「絆」がより深まり、家族や友達の領域を超えた「日本」、そして国籍を超えた大きな「絆」が生まれる事でしょう。今まで日本はODAという形で世界に貢献してきた証も今回の義援金や支援活動に見られたとも思えます。

だから私も一人の日本人として、誇りを持ち、そして今後の日本の復興を応援していきたい!そう、切に思います。

まだまだ余震も続き、ガソリンや食料も充分に供給されていない状況が続いてますし、原発の作業に従事している
−名も無き英雄:FUKUSHIMA 50−
の活躍に期待し、何とか時間は掛っても自然界や人体、我々の子孫に最善の結果を出してもらえる事を祈るばかりでありますし、政治、経済界が一体となって被災地の救済処置をとる事が今後の日本の発展に必ず繋がると思われますし、大震災という決して「受け入れ難い」災害ではありますが、ここで生まれた「絆」をこれからの私たちの人生の「財産」として生かしていかなければいけないと思っています。

遅ればせながら私もこの復興に参加していくつもりです。






0 件のコメント :

コメントを投稿

信じられない大地震(カンタベリー地方、東日本大震災)

0 件のコメント
本来ならばニュージーランドからのブログは4月で最後になる予定でした。

2011年2月22日 12:51pmに私の住んでいるニュージーランドのクライストチャーチで大地震が発生しました。
M6.3の大地震が2010年9月(M7.1)に引き続き、ガーデンシティーとして名高いニュージーランド第二の都市(人口約40万人)を襲いました。
丁度その時、私はオークランドの自宅付近のカフェで商談中でした。紛れもない「自宅の売却」の話を進めていたのです。何故なら予定では今月日本に帰国する予定でしたので。もちろん昨年11月にオープンしたCafe&Bakery
KERI KERI(ケリケリ)への本格経営参画の為、拠点を日本に移す準備の真っ最中でした。

クライストチャーチは私の住んでいる北島とはかなり離れた場所にあり、オークランドは北島に位置しますので、今回の地震の影響は全くなかったのですが、私の現在勤めているHarcourtsという不動産会社(NZ最大規模)はその販売拠点は南島、そうクライストチャーチに集中している会社なのです。
早速、ビルや一般住居の倒壊の生々しい状況や事務所の現状等が次々と入って来ました。そして安否を確認するメールやCEOからのメッセージやら、とにかく「混乱」を来たしていました。我々エージェント達も当然今回の地震で自宅の被害を受けた方も居ますし、販売中の物件が破損、倒壊した事例も沢山報告されて来ました。

中でも「心を打った」メールは、「家が壊れたり、電気やガス、電話が不通になったり、とにかく被害を受けたエージェントは、私のところに避難して下さい!」という今回の震災で被害にあわなかったエージェント仲間からのメールが沢山取り交わされていたのです。
オークランドや北島の人達からもその後、「仕事を探しているのであれば何時でも来て下さい!」とか、住むところに関する助け合いの情報交換はされ続けていました。美しい「連帯感」というか、チームスピリッツとしてTEAM HARCOURTSの素晴らしさも感じさせられました。

"絆"ですね。多民族国家で形成されているニュージーランド。ヨーロッパ系68%、マオリ(先住民)15%、ポリネシア系7%、アジア系9%、その他1%で構成されている総人口140万人の国です。その人種を超えた国としての"絆"を感じずにはいられませんでした。我々不動産エージェントも人種は様々です。街を歩けばいろんな言語が飛び交っています。もちろん公用語は「英語」ですが。

もう一つ、今回約240人の方の尊い命が失われました。心からご冥福を祈ります。そして私が13年前に海を渡ってニュージーランドに語学留学をきっかけにワーキングホリテイ(ギリホリでしたが)でここでの生活を始めたのですが、同じように「語学習得」や「新しい人生」等いろんな"想い"や"目標"を胸に、無残にもこの震災の犠牲になってしまった日本人の留学生の方々は自分にとって「後輩」も同然です。本当に悲しい結果になってしましました。私の経歴で「語学学校のカフェテリア経営」という経験もあります。合計2年半ほど、延べ数え切れない学生さんと接してきました。どうしてもその経験が交錯するのです。私のカフェテリアも古い(昔ホテルだったビルを語学学校として利用。確か20年以上の歴史を誇るオークランドでも有名な語学学校でした)ビルの6F(最上階)にあり、コーヒーブレイク(10:15am)とランチ(12:15pm〜)は大変混み合い、多くの学生さん達に愛され、彼らの空腹を満たして来ました。もちろん私も学生さん達よりは年がだいぶ上だったので「兄貴気取り」でいろんな話を聞いたり、話したり、そして今も交流のある方ももちろんいらっしゃいます。中には定年を迎え、新たに語学の習得の為に来たとか、人生の転換期で英語を学びに来た、とか私の先輩に当たる年齢の方も数多く来られていました。

CTVビルの倒壊とその中にあったキングス・エデュケーションの12:51pm。

私の中に蘇ります。きっと楽しく昼食を取り、慣れない「英語」でなるべく違う国籍の人を捜して話しかけたり、日本人同士昨日のネットのニュース(日本の出来事)を語り合ったり、新しい彼氏、彼女が出来て国際恋愛をスタートさせたばかりのカップル、仕事が見つかったり、見つからなかったり、フラットを探していたり、ホームステイの愚痴を語ったり.....
そんな学食や教室がこんな事になるなんて。

自然の恐ろしさを肌で感じた出来事でした。そして不動産屋としての意見ですが、この地震でクライストチャーチの不動産は「信用力」にクエスチョンマークが付けられてしまったようにも思えます。倒壊した「ブロック」の建物、液状化してしまった地面、そして多くの建物に「ヒビ」という爪痕を残した地震は、今後の不動産価格に大きな影響を与えた事でしょう。既に一部の地域では市場価格が高騰したり、もちろんオークランドには既に2万人の人々が移動してきていたり(当然不動産を購入して移住する目的)、商売を続けられなくなり(お店の倒壊、破損・全損、売上げ減等)ビジネス規模でも移転を迫られている方も多いと聞いています。

ニュージーランド第二の都市は今後どのように復興していくのでしょうか?
但し、私はこう信じたい!
必ず、クライストチャーチはまた息を吹き返す事でしょう。
昔から住み慣れた土地をそう簡単に諦める人は多くはないでしょう。

そこには人種をも超えた"絆"がありますからね。












0 件のコメント :

コメントを投稿