オークランドのビジネス売買

0 件のコメント
今、オークランドはクリスマス前の繁忙期を迎えています。
先週、そして今週がピークと見られるクリスマスパーティーのファンクション、もちろんクリスマス前まで予約は沢山入っている事でしょう。
今年は23日が金曜日ですしね。
ニュージーランドの会社のほとんどがクリスマスからニューイヤーに掛けて2週間はほぼクリスマスホリディーを取ります。
やはり年間で最大のイベントはこの「クリスマス」です。
子供たちも今週からスクールホリディ(NZは南半球ですから今が夏休み)が始まり、来年の1月31日から新学期が始まります。ですから親達もこの期間にまとめて取る方も多いです。
NZでは法的に最大4週間の有給休暇(!すごいですよね。さすがNZ)が取れますし、これを遵守しないと企業側も罰せられたりする制度があるので、ほとんどの方がこの有給休暇を消化していると思われます。
私が日本の企業で働いていた頃とは、だいぶ様変わりしてるとは思われますが、我々日本人から見れば本当にうらやましい話ではないでしょうか?

夜のスカイタワー

今回私が担当させて頂いているビジネス売買の御紹介も兼ねて、このニュージーランド流ビジネス売買の説明をさせて頂こうと思っております。

?http://www.naiharcourts.co.nz/Property/View/HF110806/Auckland-Central
*アルコールライセンス有、販売価格は日本円で9百万円程度です。

?http://www.naiharcourts.co.nz/Property/View/HF111104/Auckland-Central-CBD-Ethnic-Restaurant
*アルコールライセンス有、席数は最大200席、販売価格の目処は
22百万円程度です。

?http://www.naiharcourts.co.nz/Property/View/HF111105/CBD-Japanese-Takeaway
*テイクアウト店の為、アルコールライセンス無、販売価格目処は7百万程度です。

?http://www.naiharcourts.co.nz/Property/View/HF111208/Grafton-Auckland-City
*アルコールライセンス有、座席は店内50、外最大40席の合計90席程度、
 販売価格の目処は8百万程度です。

?http://www.naiharcourts.co.nz/Property/View/HF110807/Auckland-Central
*アルコールライセンス有、販売価格目処は7百万程度です。

まずニュージーランド流とは、日本でも最近見掛ける様になりましたが「居抜きの店舗」売買の事です。
この国の店舗に対する「許可」に関しては、CityCouncil(市役所)が統括しており、プラスアルコール販売に関してはDLA等の国と管轄地域の統治機関や警察の管理下で「ライセンス制」になっています。
この管理下で毎年、及び半年に一回ずつの検査を経て「許可」をもらって運営していきます。レストランには「A」(最高)から「E」(最低)のランク付けを行われ、特に「D」以下に関しては再検査や営業停止警告などが市役所から通達されます。非常に厳しい管理下に置かれていると思われます。
先程述べたアルコールライセンスについても、ライセンスを店とマネージャーの2部門で取得しないと販売許可が下りません。特にマネージャー(店舗での実際の管理者)不在では営業が出来ない!(つまり休暇を取る時は、代わりのテンポラリーマネージャーを管轄機関に事前告知の義務)
日本と違って、「飲み放題」なんて業態はありえません!!!
でも飲酒運転に関しては、日本よりだいぶユルイと思えますが.....私はお酒を飲めませんので警察を気にして運転した事はありませんが。
このようにこの国特有の「法律」が存在します。

それでは「居抜き店舗」のメリットは?
まず先程述べてきた「ライセンス」及び「営業許可」の問題です。
上記の販売リストのほとんどが「A」の評価を得ています。ですから店のグレードとして申し分ありませんし、ライセンスがある店がほとんどですので「明日から」直に営業開始出来る優良物件です。
日本ではスケルトンから新しいお店を作り上げるのが主流ですよね。
やはり人が使ってきた店は......と思われる方も多いはずです。
でもここはニュージーランドです。外国なのです。
法律や規制、そして店を建てる業者の資質も違います。
業者の資質に関して言えば、「時間通り」に行く事は無いでしょう。残念ですが、我々日本人の感覚とはだいぶズレがあります。クウォリティーは悪くありませんが.....
そして行政の問題。これが本当に時間通りには行きません。つまり市役所からの許可(建物や設備等)が二時間が掛かるのです。業者も時間通りには終わらないし、おまけに許可を出す行政の動きが鈍い.....私の知る方ではスケルトンから立ち上げて、1年程営業出来ず家賃をただ払ってしまった方もいます。これでは「商売」になりませんし、第一その事業が始まる前に「潰れる」事だってあり得ますからね。本当に勇気と忍耐のいる事です。
ちょっと大袈裟とも取れるのですが....
スケルトンから始められる場合は、ある程度余裕のある予算を取って、御自分の「理想」のお店を立ち上げてビジネスを行う事をお勧めします。

ひつじ

このように国も変われば、その国特有のインフラとでも言いましょうか?法律や仕事のやり方(所謂カントリーリスクとでも言っておきましょうか)がありますのでコンサルタント業務として是非御相談下さい。




0 件のコメント :

コメントを投稿

ラグビーワールドカップ(RWC)

0 件のコメント
早いもので感動のラグビーワールドカップで我がNZ代表のオールブラックスが悲願の優勝で幕を閉じて(10月23日)から1ヶ月以上経ちます。
優勝パレード
オープニングセレモニーの壮大で盛大、まさに世界の一流レベルに感動し、
<この国を最初に訪れた時にこんな事が出来る国ではありませんでした。NZに対して失礼は承知で本当にそう思いました。但し電車の運行はボロボロでオープニングゲームに遅れた人が●千人だったのもNZらしさですね>
今回のワールドカップ初観戦となった日本VSフランス戦(惜しかった!)を見た次の日に日本でのKERIKERI(カフェ&ベーカリー:ケリケリ福島)に出張して、間接的に日本でこのワールドカップを観戦し、そして帰国後決勝戦......
ワールドカップ
このワールドカップによる外国からの訪問者数は13万人を越えました。
何度も話しに出ますし、世界的にこの国の人口の少なさ(羊以下)は有名ですが、430万程度の国民(内オークランドは140万人)の国に13万人が訪れた事はこの国の経済に大きな影響を与えた事でしょう。
ラグビーの試合は国をまたいで東西南北で開催され(被災しているクライストチャーチ以外)各地で盛り上がった事でしょう。

一部試合の日程などである国の日程がキツかった為、歴史も持ち出して協会を非難する事件もありました。遡る事400年くらい前でしょうか、大英帝国が沢山の植民地を持ち統治して貿易で稼いでいた時代がありました。現在ラグビーワールドカップに出場しているオセアニア、南太平洋の国々は以前は植民地としてイギリスやフランス等ヨーロッパの国々に統治されていた国々も多く、時を経てこのラグビーというスポーツも文化として浸透して行き、日本では考えられないほどのラグビー人口を抱えています。子供達に何のスポーツが好き?と聞けば2人に1人、もしかしたらそれ以上かもしれません、そう答えは「ラグビー」。
これらの地域でラグビーは正に「国民的スポーツ」と言えるもので、アメリカの「ベースボール」日本の「柔道?」(本当は野球やサッカーですが、国技としての例えです)中国の「卓球」ブラジルの「サッカー」と同様と言えるでしょう。

いかにこのワールドカップで優勝する事が「大切」な事か。

その日程の件に戻りますが、歴史上あるヨーロッパの国に有利な日程だと、南太平洋の国が非難し、「奴隷制の流れだ!」と痛切に協会を非難する場面もありました。
私たち日本人にはピンと来ない話かも知れませんが、先日のサッカーの北朝鮮戦の報道を見ると国と国の戦いですのでスポーツと言えどもやはり歴史が交錯する事ってありますよね。
スカイタワーワールドカップ
今回は自国開催でニュージーランド代表のオールブラックスが完璧な全勝優勝を果たし、大いに盛り上がっているNZですが、今後の景気はいかなるものか?
優勝に浮かれてその後のオールブラックスの選手の飲酒による不祥事が少々ありました。
政治の話をすればジョン・キー首相の国民党が先週末行われた総選挙で圧勝(日本と同様他の政党が今一の為決して良くはない経済状態ですが)しましたが、ワールドカップ後の舵取りはどうなるか?
Viaduct シティービュー
最後にNZ不動産についてですが、現在クリスマス前までの第一繁忙期です。
クリスマスはこの国の人々にとって最大のイベント!
その前に「売買」を済ませるのが、不動産売買のトレンドです。
こちらの住宅販売無料雑誌(PropertyPress)の厚さに驚愕!!!
例年のほぼ15%増し!これもワールドカップの影響と考えられます。
ワールドカップで13万人を超える人が外国からラグビーを観にこの国を訪れ、試合と試合の間に滞在する事によりこの国の素晴らしさに触れ、そしてまた戻ってくる人が多いのです。それと同時に隣国や遠い先祖の暮らすイギリス等へ移住する人もこの売買の流れから伺えます。
年間4万5千人の移民を受け入れるこの国の政策はこの住宅販売に大きく寄与しています。今回はこれくらいにして次回にまた続けます。

WE ARE THE CHAMPION! LONG LIVE ALL BLACKS!!

KIA ORA(キオラ)

0 件のコメント :

コメントを投稿