ニュージーランドで暮らすこと。

0 件のコメント
日本を離れて早14年。

もうすぐ日本での生活を始めるせいか、すっかりこちらでの生活が”普通”になってしまったので、改めてニュージーランドで暮らす事!という事を振り返っています。

もう「満員電車」は乗れないかも?

いやいや、そうは言っても20代に銀行員として毎日朝早くから夜遅くまで満員電車に揺られ、日経新聞を読み、ノルマに追われ、タリーズ創業時の今までの人生の中で一番苦労した時期、そして.......やはり僕の体には「日本人のDNA」が宿んでますので、すぐ社会復帰は出来ると確信はしています。

しかしこちらNZではほとんど「車」の生活。完全な車社会です。KERIKERIを始めて”福島”で過ごしてみて感じる事は、日本の地方都市もやはり「車社会」ですもんね、ですからそこまでスペシャルな生活を送っている訳ではありません。

但し本当に車がないと生活は出来ません。
<オークランドのCBDで生活はかろうじて出来ます。でも東京とは到底比較出来ませんし、何せ国民全部で横浜市の人口よりも少ない訳ですから。>

「自転車」はほとんど走ってません。ほとんどがサイクルスポーツ系の気合はいった昔のロードマン!のようなドロップハンドルにぴっちりしたウェアーにサングラス!みたいな人は見かけますが......(ヘルメット着用が義務付け)
ママチャリは走ってませんし、子供たちもチャリンコで遊びあるく事も余りありません。

それでは何処で遊んでいるのか?

よくニュージーランドに来た人が、飛行機から見下ろすと「まるで全部がゴルフ場みたいだね!」と言われます。日本から来るルートにもよりますが、雲の層を抜けて一面に広がる景色は、正に「ゴルフ場」そのものです。
基本的に丘陵地の多い北島(僕の住んでいるオークランド)から入られる飛行ルートですので、牧草地の多い北島はアップダウンはかなりありますが、上空何千メートルから見下ろせば、本当にグリーンと海のコントラストが素晴らしく!その景色に見とれてしまう事でしょう。
公園2
実際地上に降りてからも、牧草地のようなグリーンは所々に点在しており、そのグリーンフィールドで子供から大人まで遊んだり、BBQしたり、走ったり、犬の散歩をしたりして、「憩い」と「遊び」の場となっています。
公園4
ブッシュも多く点在していて、ハイキングや散歩コースとして重宝されています。最初にこちらに来た時、歩道を「馬に乗った人」がいた事に驚きを隠せませんでした。

「なんてワイルドなんだ!」

しかしこれだけ牧場を見てくれば、馬は生活の一部である人も少なくないですし、本当に身近な存在なのです。余談ですが、「馬刺し」の話等はもってのほかです!クジラもだいぶ日本は叩かれていますが......

話がずれましたが、そんな膨大な数の整った(市役所がいつも芝を刈っているので、何時見ても本当に綺麗に整備しており、ニュージーランドの素晴らしい部分の一つです)公園で、子供たちは思いっきりスポーツしたりチャリンコ乗ったり、スケボーやスクーターを楽しんでいます。
ニュージーランドの国民的スポーツ「ラグビー」(去年地元開催されたワールドカップで見事”優勝”)の強さは、この広大な芝生(実際は雑草が多いですが)にあるとも言われています。あの当たりの強さは、小さい頃からこの”芝生”の上でラグビーをやって来て、思いっきり”タックル”出来る環境もその”強さ”に寄与しているといっても過言では無いでしょうか?

まあ「体力差」(我体が違う!のも事実ですが、近年の日本人はデカイし、決して我体では見劣りしてないですけどね.....)は否めませんが。

僕の時代のラグビー部は、土の(少し小石が混じった)グランドで、試合の時だけ”芝生”みたいな環境でしたから、「思いっきり」タックルを練習で出来ない環境だったし、タックルやスライディングしたらいつも膝や肘、各所から”流血”の状態でしたからね......
公園3
僕なりにはこのグリーンフィールドの”おかげ”という節は、少しうなずけましたね。僕は野球部でしたので、いつもレフトの辺でラグビー部と交差して、おまけにサッカー部もセンターの辺でやってる!みたいな入り混じって「部活」やってた世代ですので。確かにサッカーもニュージーランドの実力はだいぶ上がってきていますしね。
公園1
とにかくニュージーランドで暮らす!という事は、この「芝生」の公園というのが、凄く”魅力的”ですし、子供の為にも最高の環境だと思っています。

0 件のコメント :

コメントを投稿

振り返れば.........

0 件のコメント
最後にブログを書いてから、もう4ヶ月が経とうとしていました。

本当に3・11以降、自分を取り巻く環境、いやきっと”自分の考え方”が一変したと思えます。
それくらい海外に居る僕自身も「日本人」としての”認識”をこれまでの44年の人生の中で掘り下げて考えた事はありませんでした。
福島にKERIKERIをプロデュースしたのが2010年の11月の事でした。
久し振りの日本での仕事に躍起になってオープンし、「さあ、これから!」といった3月に震災が起きました。
その後合計3回(3ヶ月以上)福島を訪れ、肌で震災を感じ、帰国後も日本のニュースや情報を取り続ける毎日が続きました。

NZでの不動産の仕事柄、色々な人とお会いする機会があります。特に3・11以降「日本脱出」を考えて新天地を求める人たちにお会いしたり、問い合わせを頂く事も震災前に比べるとかなり増えました。
皆さん、本当に「強い想い」で日本を脱出し、海外に新天地を求めておられることから尚更「事の深刻さ」を感じております。

NZが人気があるのは、「非原発国」というのも重要なポイントだと思います。人口は僅か400万超のオセアニアの小国ですが、近年経済発展を遂げ、最近日本でもTPPなどの加盟国として多少認知度は上がって来ています。
主要産業は酪農や農作物を中心とする農業国です。
豊富な自然環境の中で電力供給は、火力・水力・風力で全てを賄っています。
最近は太陽光等の環境エネルギーも私の住んでいる旧ワイタケレ市などではエコ・シティーを目指し市が積極的に推進してきました。(残念ながら去年の市長選挙にて大きな政府:オークランドビックシティーが誕生して吸収されました)

震災前には、NZでは何でこんなに”停電”が頻繁に起きて、しかも”長い”(最高で12時間くらい:原因は強風や豪雨等自然災害。でも台風とかのレベルではないんですけどね...)のかと思って、あまり”原発”とかいう発想は私の中にありませんでした。

自然の猛威は突然と訪れますもんね。今回の3・11も「古文書」を調べれば、
1000年に一度くらい起きて来た!という話をテレビで見ました。

NZは日本よりずっと「生まれたまま(地球というプラネットとして)」の姿が残っている国です。
ですから”自然に対して正直”なんでしょうね。

”自然の猛威には叶わない!”ってね。

「想定外」って言葉は、今回の報道でイヤというほど耳にして大嫌いです。
何か「日本的」というか”官僚的”な表現ですよね。
日本人はNOは言えない上に、日本を代表する政治家や東電のような一流企業の代表者達は「すいません!」も言えないんでしょうか.....
(昔時の人”石原慎太郎氏が「NOと言えない日本人」という本を出して感銘を受けた事を思い出します。尖閣の件は素晴らしい提案だと支持しています!)

だから”原発”なんていう発想は出て来ないし、ちょっと過敏すぎる気もしますが「クジラの捕鯨」に至っても”強く”NO!と言い続けていますよね。(日本人である事がこの話題では辛い時があります。但しこれについてはよくKIWIと議論する事も今まで多かったですね。)

今年の4月から電気料金が10%一律上昇しました。
石油の高騰の問題が一番大きいといえます。KIWIドルは例えば日本円に対して兵器で10円位変動するマイナー通貨ですから、ガソリンの価格変動は日常茶飯事ですしね。

でも”原発”という声は全く出て来ません。ありえないからです。
小さい風力発電とソーラー
今日ふと子供を連れて家族で近くの公園に行き、そこで小さな風力発電とソーラーを見て「大切な事」を痛感しました。

「安全な世の中」

この国の人たちはそれなりにセーブして、日本のような先端技術や便利さにひけを取りますが、絶対的な「安心感」があります。
国としては「デイライト・セービング」を取り入れて、4月1日から6ヶ月間は冬時間がスタートしましたが、10月から「サマータイム」で一時間「太陽光」を利用して(特に設備がいるわけではありません!ただ時間を1時間変えるだけ)1時間長く”自然の光”を利用しています。ですから9時頃までは電気をつける必要がありません(最長で)。

簡単な事じゃないでしょうか?

日本では電車のダイヤが乱れるとか、銀行のシステムを切り替えるとか、色々作業が増えるかもしれませんが、国民全員が均等に「1時間を6ヶ月間節電」出来るかもしれませんよね?
ハーバー
今年の夏の電力需要が逼迫している=原発再稼動、それで良いんでしょうかね。
もっとやれる事があるんじゃないか?そんな事を最近すごく感じています。

そして僕自身、これから「自分自身でやれる事」(もちろん福島のKERIKERIをベースに)を日本で頑張っていきます。

コーヒー豆販売事業も中座しておりましたが「新しい形」で再開していきます。
乞うご期待下さい!!





0 件のコメント :

コメントを投稿