グァテマラの2つの優良農園豆販売開始~まずはエル・インヘルト農園(DT)Part1

0 件のコメント
2016年3月にホンジュラス&グァテマラへの買い付け訪問して来ました...

本来なら4月頃に書くべき内容だったのですが、丁度9月の終わり頃からその時の買い付けたロットが入港して来ましたので、今になってしまいました。

そしてDT(ダウンタウン店)とIZUMI(泉店)で10月初旬より販売開始しました~

今後、DTにおいては、中米(グァテマラ・ホンジュラス・エルサルバドル・ニカラグア・コスタリカ・パナマ)中心のラインナップで、買付ロットを中心に販売して行きます!!

まず始めたのが、DT専用豆第一弾として...

エル・インヘルト農園*世界有数のマイクロミル。現在プライベートオークションを開催。

この農園との出会いは、単に業界で「有名」である事、そして東京でオーナー:アギーレ氏のセミナーに参加して、その農園経営の素晴らしさを彼の言葉で感じた事、そしてその言葉に裏付けされた農園をこの目で見て、そこで働く季節労働者であるピッカー達とも現地で出会い、僕が最も今注目している「生産地のカフェ」も運営する超実力派農園及びコーヒー集団だった事です。


まずはセミナーで、彼らの計画的に整備されている農園経営(区画、品種、収穫サイクル、灌漑設備等インフラ、そしてピッカーと呼ばれる収穫時に雇用する季節労働者への対応設備等)への感銘を受け、


更に3月直接現地に行き、その農園の整備された素晴らしさを実感して来ました。
深夜にホンジュラスのサンペドロスーラから首都グァテマラシティに到着した為、宿泊はダウンタウン、翌朝350㎞位?と言われて「そうか!」3~4時間??と思いきや、さすがグァテマラ、山道や整備されていない国道をひた走り、掛った時間は11時間!!位でした...メキシコ国境に近いウエウエテナンゴに到着。
エル・インヘルト農園はアンティグアと肩を並べるグァテマラの優良産地:ウエウエテナンゴにあるのです~


まず我々を迎えてくれたのは、この看板!そして収穫をほぼ終えて来ているコーヒーの木たち、もちろん実の「熟度」によって、ピッカー達は教育されていて、この入り口付近の木々にもまだ熟していないコーヒーチェリーたちが点在しています。

そして歩いて上る事、数分でゲストハウスとウェットミルが見えてきました。



その後、トラックの荷台に飛び乗り、いよいよ農園巡り開始~


エル・インヘルト農園の”パカマラ種”はオークションのみ!!世界有数のクウォリティとして名高い!確かにカッピングさせてもらいましたが、極上でした~


素晴らしい環境と整備の整った区画管理と品質。
熟度の高いコーヒーチェリーがまだふんだんに実り、正に収穫真っ只中でした~
トラックは1,850m付近まで僕らを連れて行ってくれました。



1,600~2,000m(最高地点)の標高での、極上のコーヒー栽培環境と農園経営!
今まで見た農園の中で精度の高さは、抜群でした~


ウェットミルから出る排水処理もきっちり行われていて、レインフォレストアライアンス認定も受けている「自然に優しい農園」、農園内に川が流れ、天然水を取り込み、更にコーヒーチェリーは精製後肥料として使用され、ミミズ等の活用も研究されており、とにかく”美しい”農園です。



中央左に見える「石の積み上げ」は、ピッカー達のサイン!
「ここはもう終わったよ~」という意味らしい、このようにきっちりルール付けされている農園経営はやはり世界有数のマイクロミルとして名高い所以だと実感せざるを得ません。

最後にエル・インヘルト農園の運営するカフェも行って来ました。




細かい事なのですが、メニューボードの WHITE FLAT ?少し、寂しさを感じました...

そう!! FLAT WHITE です。

次回はIZUMI専用豆のもう一つのウエウエテナンゴの優良農園:エスペランサ農園~

0 件のコメント :

コメントを投稿

2回目のRMTC:TEAM TOHOKUチャレンジ

0 件のコメント
今年も9月28~30日の三日間、東京ビックサイトでSCAJ:スペシャルティコーヒーの祭典が開催されました。

日頃、仙台の枠を超えた現在:宮城、山形、福島の東北3県に広がったCOFFEE FELLOWSの活動ですが、我々ROASTERSは昨年のRMTCに初めて「東北チーム」TEAM TOHOKUを結成し、更にOCTOBER COFFEE ACTION episode0 を展開しました。


以来、都度皆で勉強会やカッピング、映画 A FILM ABOUT COFFEE 仙台フォーラムさんでの上映のオープニングアクトを務め、今年は5月にSPRING COFFEE ACTION episode1 (SCA)や今正に開始したばかりの3回目となるOCTOBER COFFEE ACTION episode2 (OCA)と「利きコーヒー」を新しい”東北コーヒーカルチャー”として展開しています。
今回のSCAJではRMTC前日の29日、普段FWCFで愛用しているマルゾッコの新型:STRADA AVのプロモーションとしてBARISTAとして会場の皆さんにフラットホワイト’98(僕が’98NZで最初に出会った味:FWCF看板商品)を中心に仙台、福島以外で初めて披露させて頂きました。

’98ニュージーランドに渡航し、バリスタとしてオークランドのLornStにあるSIERRA CAFE時代の貴重なショットです。あれから18年.....


Since1998~今もBARISTA頑張ってます~フラットホワイトの伝道師として....

そして30日、SCAJの最終日RMTCが開催されました。今回はTEAM TOHOKUに福島のロースター:MOTO COFFEEの長内さんが加入し、宮城、山形、福島の3県のロースターズ5名により昨年の初参加とは比べ物にならないくらい「入賞」への意欲を高め、個々のモチベーションはおろか、チームとしてもモチベーションの高さを感じられるTEAM TOHOKUでした。


選ばれたロースターはFWCFの9月に福島県三春町(本社脇)にオープンしたばかりの3号店:フラットホワイトコーヒーファクトリー三春<通称:Roastery>の15㎏の熱風式LoringSmart社の焙煎機でした。今回の課題豆はブラジルLH(レイト・ハーベスト:ナチュラル)のシッチオ・ボラ・ビスタの豆。
なかなかフレーバーの確立が難しい豆でしたが、メンバー5名がそれぞれ直火、半熱風、そして熱風焙煎機でテストローストを繰り返し、3回の合同カッピングを繰り返し、その中で焙煎機を選び、抽出による検証や最終提出豆のローストプロファイリングについての意見を交わす等して創り上げ、RMTCの大会に臨みました。



結果は審査員部門では1位:九州チーム、2位:関東チーム、オーディエンス部門では1位:中部チーム、2位:九州チームとTEAM TOUHOKUは入賞出来ませんでしたが、今回のRMTCでは確かな手応えを感じる事が出来ました。

そして九州チームを始め、素晴らしい全国のロースターズとの出会い(そして再会)も我々の糧となりました。今年で10年目の記念大会(RMTC)で新たに北陸チームも結成して合計7チームとなりました。大先輩である5チーム(北海道・関東・中部・関西・九州)の皆さんの競技へ取り組みやフレーバーやアフターティスト、アシディティやスウィートネスの味の作り方、プレゼンテーションなどは大変参考になり、まだまだ自分らの努力不足を感じました。

ただ結成以来、TEAM TOHOKUは最高の”フェローズ”だという事は言うまでもありません。


来年こそは!!既に戦いは始まっています.....Still On The Road


0 件のコメント :

コメントを投稿